NEWS

お知らせ

2022/12/22

本日(木)のメニューです

今日は「冬至」です。
「冬至(とうじ)」は、「二十四節気」の一つで第22番目にあたります。
冬至」の一つ前の節気は「大雪」(12月7日頃)、一つ後の節気は「小寒」(1月6日頃)。「冬至」には期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「小寒」前日までである。西洋占星術では「冬至」が磨羯宮(まかつきゅう:やぎ座)の始まりです。。
北半球では太陽の高さが一年で最も低くなる日。そのため、一年中で最も昼(日の出から日没まで)が短くなり、夜が最も長い。江戸時代の暦の解説書『こよみ便覧(べんらん)』では「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」と説明しています。
この日にユズを浮かべた柚子湯(ゆずゆ)に入り、カボチャを食べると風邪を引かないと言われています。これらの習慣は江戸時代からあり、この日に柚子湯を用意する銭湯もある。「柚子湯」は冬の季語でもあります(なお「柚子」は秋の季語)。
災厄を払い病気にならないとされる柚子湯だが、その始まりは、温泉に入って療養をする湯治(とうじ)と冬至(とうじ)の語呂合わせで、身体息災であれば融通(ゆうずう)が利くとのこじつけとする説もあります。
また、地域によっては、邪気を払うとされる小豆粥(あずきがゆ)を食べたり、「体の砂払い」と称し、体内の悪いものを掃除するというコンニャクを食べる風習などがあります。

訪問介護、訪問看護、デイサービスのご利用の方、細かなご相談(禁食、アレルギー、栄養素配分等)もお電話でご対応致します。 パンフレットもございますので、お電話または資料請求して頂ければお届け致します。 オプションに「一口大、とろみ、きざみ、おかず大盛、ごはん大盛等(大盛は料金+になります)」がございますので自分にあったお弁当に出来ます。 介護保険証の区分付きをお持ちの方ですと、負担割合証に応じてお客様のご負担が軽減します。価格の安さが当店の一番の魅力の所です。 悩んでる方は、一度、配食サービスのまごころ弁当 緑中央店へご相談やご注文ください。

本日(木)のメニューです
本日(木)のメニューです

お問い合わせフォーム

お問い合わせはこちら

訪問介護や訪問看護、デイサービスの方にも評判!名古屋市緑区の配食サービスなら『まごころ弁当緑中央店』

上へ戻る